子供が言うことを聞かない理由

・・・

人間とはとても不思議なもので、自分自身の欠点には中々気付けないのに、他人の欠点を見つけるのは驚くほど早いのです。

どれくらい早いのかというと、始業時間の30分前に目が覚めた私の身支度くらい早いです(家から会社までは20分くらいかかります)。

 

また僕の好きな三島由紀夫さんの言葉にはこのようなものもあります。

『人のアラ探しをしている間は自分のすがたを見なくてすむ』

この言葉すごく心理をついていると思いませんか?

人は徹底的に自分の嫌な姿からは目をそらしています。その結果として他人のことが気になってしかたないんですね。

意識的に自分自身に目を向けるようにしないといけません。

・・・

・・・

さてこれは子育てをしている親のみなさんにも言えます。

子供の足りていないことはすごく敏感に気付くと思うんですけど、翻って自分はそれができているでしょうか。

僕の経験的に子供に厳しいアレコレ言う親ほど、自分はそれができていなかったりします。

しっかりとした人に育てなければいけないという意識があるばかりに、自分のことが見えてないことがあるんですね。

今日はそんな親の皆さんに、しっかり自分自身を見つめ直してもらうための話をしようと思います。

すこし上から目線になり申し訳ないのですが、とりあえず最後まで読むことが大切です。笑

 

子供は親のすがたを映す鏡です

 

・・・

先日このようなことがありました。

僕がファミレスにご飯を食べに行ったときのことです。

僕が座っていた席の隣の席に小学生ぐらいの子供がいる、比較的若そうな夫婦の家族が座りました。

その家族のママさんは席に座ってから終始スマホをいじっていました。そして子供が話しかけても、なんだか反応が上の空な感じです。

そして話を聞いてもらえない子供は、落ち着いて座ることができずソワソワし始め、最後には座っていることも嫌になったのか、席を離れて店内を歩きまわろうとしました。

そこでさっきのママさんは『ちゃんと座ってなさい』と言います。

しかし子供は言うことを聞かずに席を離れようとします。

結果的には無理やり座らせましたが、子供はなんだか納得のいってない表情でした。

・・・

 

『子供は親の姿を映す鏡』

この言葉は、子育てに悩む大人の皆さまならば一度は聞いたことがあると思います。

子供の一番身近にいる大人は、間違いなく親のあなた。

子供はそんなあなたの姿をみて、『大人とはこんなものだ』という事を学んでいきます。

だから結果として、親の普段の振る舞いが子供の常識になってしまう。

つまり親が普段からやっていることは、子供も自然と真似するようになるのです。

だから親であるあなたは、子供の今の姿をみれば、自分が子供の前でどんな振る舞いをしていたかを知ることができる。

一度自分のお子さんのことを見つめてみると良いでしょう。そこには小さいあなたがいます。

 

※以前反響が大きかった僕のツイートを共有しておきます。

 

 

子供が言うことを聞かない理由

 

さて、先のファミレスでどうして子供は納得のいかない顔をしていたのでしょうか?

ママさんがドリンクバーを注文してくれなかったからでしょうか?

それともトイレに行きたかったのに行かせてもらえなかったからでしょうか?

もしかしたらそんな事情もあったかもしれません。しかし僕はこう考えます。

『お母さんは話を聞いてくれないのに、僕はお母さんの話を聞かないといけない』

こんな風に子供が感じたからではないでしょうか?

 

子供には自分の気持ちを上手に親に伝えられる術はまだありません。

だから子供はこういった気持ちを自分の中にため込んでいくしかありません。

そして親もこんな子供の気持ちには中々自分では気付けないので、お互い関係が悪くなっていくばかりです。

 

『子供がいうことを聞いてくれない』と嘆くみなさま、結論から言いましょう。

子供があなたの言うことを聞いてくれないのは、あなたが子供の言うことを聞かないからです。

先も言いましたが、子供は親のすがたを映す鏡です。

だから子供があなたの言うことを聞かないのは、あなたが子供の話を聞かないからです。

大切なことなので2回言いましたよ。しっかり肝に銘じてください。

まずは親であるあなたが子供の気持ちに寄り添ってあげましょう。

 

大人・子供である前にどちらも同じ人間。

そして子大人は供を一度経験しているので、そこはコチラから子供の気持ちに寄り添ってあげることが大切ですね。

 

・・・

ここからは少し余談ですが、この考え方は子育てのあらゆる場面で応用が利きます。

例えば、子供にいつも『勉強しなさい』と言って疲れている親のみなさんは、まず自分が勉強している姿を子供に見せましょう。

勉強は大変というなら読書でもいいと思います。

 

子供は親の『言う通り』にはしないけど、『する通り』にはします。

だから言って聞かせるより、行動で示してあげる方が、実は効果があります。

ガミガミ言っても効果がないと感じている親のみなさんは、少し口で言うのをやめて自分の行動を変えてみるといいかもしれませんね。

 

松本一輝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です